『あまちゃん』と『ラジオ』と『東京新聞』

| コメント(0) | トラックバック(0)

『東京新聞』2013年7月22日夕刊「大波小波」は〈「あまちゃん」の3・11〉と題し「中森には、『あまちゃん』が岩手県、『八重の桜』が会津と、原発震災の中心地を微妙に外して東北の復興を支援するNHKへの懐疑がなさすぎる。アイドルが要になった明るい地域一丸が、今も続く原発震災の破局の広がりを見えなくしてしまう「絶望」だって、ありうるのではないか」という。(じぇ)と署名する大波小波子は、特集ドラマ『ラジオ』を意図的に無視しているのだろうか?

中森明夫氏は「戦後日本最大の国難に対峙たいじするのがアイドルなのだ」「希望は、能年玲奈!」と、『小説トリッパー』2013年夏号〈午前32時の能年玲奈〉でNHK連続テレビ小説『あまちゃん』に主演する能年玲奈を中心にアイドルを論じた。くだんの大波小波はこれを「楽観的『あまちゃん』論」として「批判」したものであると中森氏は捉えた

2013年のNHKドラマで東北に題材を採ったものには『あまちゃん』(2008年以降の岩手、連続テレビ小説)『八重の桜』(幕末の会津、大河ドラマ)のほか『火怨・北の英雄 アテルイ伝』(平安初期の岩手、BS時代劇=全3回/土曜ドラマ=全2回)、『ラジオ』(2012年の宮城県女川町、特集ドラマ=単発)がある。『アテルイ伝』以外はアイドルドラマとして見ることも可能だ。だから大波小波子は『八重の桜』を持ち出してきたのだろう。しかし『ラジオ』には触れない。

『アテルイ伝』には3・11後のパートがあり、そこに登場する被災した高齢の女性がアテルイについて語るという体裁でドラマが進む。『あまちゃん』は3・11を描くが、大波小波子があげつらった時点では劇中時間はその時に至っていない。劇中世界は8月末から9月初めにかけて2011年3月11日を迎えるようだ。「東北が舞台になった時点でやらないのはウソだし、それだけをやるのもウソだなと思っていた」(『AERA』2013年7月22日号)宮城県出身の宮藤官九郎氏は「震災について描いていたときも、震災を経験した東北の人たちが、果たしてそれをもう一度ドラマで見たいのか? って悩」んだ(『NHKドラマ・ガイド あまちゃん Part2』)という。9月2日からの第23週のサブタイトルは「おら、みんなに会いでえ!」だそうだ。

この時点で3・11後を主として扱ったのは『ラジオ』だけだ。『ラジオ』は実在する「女川さいがいFM」を主な舞台に、「被災地」となってしまった女川の人々の視点で3・11後のもろもろを、外部の無責任な目線(在京マスコミ・反〝がれき〟デモ)や当事者とのずれ・温度差を含めて、すがすがしいほど真正面から描いた。

確かにドラマでも宮城県や福島県浜通りをもっと取り上げろ、という気持ちはないではない。しかしNHKはほかにもさまざまな形で被災した各地を取り上げている。3・11に関わる報道姿勢も大筋で評価すべきものであり、私は3・11以降NHKを見直した。

一方『東京新聞』がやらかしたことといえば、例えば、被災地に「がれき」で困っている人はいないなどとぶち上げたり、広域処理受け入れ反対派の「悪意のある一文」を拡散しない「配慮」を求めたりといったことだった。『東京新聞』に対する私の評価は3・11以降下がるばかりで、もはやこれ以上落ちようがないというところまで落ちた。最初、くだんの「大波小波」を読んで、(じぇ)氏はNHKも東北に絶望を振りまくことを望んでいるのかと思ってしまった。

『東京新聞』を発行する中日新聞社は2012年12月「福島特別支局」なるものを設置したが、福島・宮城・岩手の被災3県では新聞を発行していない。NHKは3県に取材拠点があり、もちろん放送もしている。この差は大きいと思わざるを得ない。

特集ドラマ『ラジオ』は、中森氏の〈午前32時の能年玲奈〉が「『告白』組の少女たち」と呼ぶうちのひとり刈谷友衣子の主演作品でもある。今後、深い意味のある作品になるだろうと私には思える。初回放送が、サッカーワールドカップ・アジア最終予選ヨルダン戦を控えた3月26日22時からであり、この作品は出来に見合った認知度を得ていないのかもしれない。物議を醸すかもしれないが、過去に埋もれてしまうのはもったいない。極論すると、もうひとつの『あまちゃん』でもある。中森氏が特集ドラマ『ラジオ』を論じていたらぜひとも読みたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.meme-meme.jp/mt-tb.cgi/24

コメントする

このブログ記事について

このページは、Meme-Memeが2013年8月26日 07:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思い違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ