2013年5月アーカイブ

思い違い

| コメント(0) | トラックバック(0)

Brevetを「ブル」と書く人がいるのは以前から気になっている。こういう人たちは実際に〈bu-ru-Pe〉と発音するのだろうか。ブルヴェが公式表記になっていれば、この手の誤記はいくらか減っていただろう。

その点イスタンブールはIstanbulだから、ウ濁(ヴァ行)を使って誤記を避ける方法はとれないけれど、音引き(ー)なしのイスタンブルが一般的な表記だったら、イスタンールという文字列は見掛けなかったかもしれない。

思い違い、うろ覚えは誰にもあるだろう。私は最近までWalter Ulbrichtのことをヴァルター・ウルリヒトだと思い込んでいた。私がこれまで読んだ本の中で、この人物について扱った本は1冊しかないが、その本がウルプリヒトと記していたのがその原因だ。よく見ると、くだんの本には少なくとも1カ所「ウルプリト」というさらなる誤植(脱字)がある。

主立った日本語の参考図書はUlbrichtをウルブリヒトと表記する。知る限りウルリヒトと書くものはない。私がこの人物について論じることはないだろう。仮に同姓の人物について述べることがあっても、くだんの本とは別の情報源を根拠にウルブリヒトという片仮名表記で認識するに違いない。このまま思い違いを続けていても恥をかくことはなかったと思う。ただ、今回これに気付いたことで、思い違いを固定しないためには、調べられる範囲で複数の情報源に当たる必要があるという当たり前の教訓を得ることになった。1冊の本、1人の著者、一つの情報源に頼り切りになることはやはり危なっかしい。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ