みなとみらい大通りに「普通自転車の歩道通行部分」

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなとみらいの「みらい」は所詮1970〜80年代の未来なので、実に「らしい」と思う。70年代といえば言うまでもなく自転車を歩道に上げた時代で、80年代もその延長線上にある。そもそも自転車の可能性を見据えていたら、みなとみらい大通りはあんな構造になんかなるまい。実のところ、今まで「普通自転車の歩道通行部分」がなかったことが意外にすら思えた。

読売記事が触れている「「国際橋」の歩道で、試験的に自転車専用通行帯を設け、交通規制を実施してきた」というのは記者がよく理解していない類いで、国際橋付近では曲がりなりにも自転車レーンを車道に設けている(使いやすい自転車レーンとは言い難いものだが)。70年代の横浜と川崎には、自転車道や自転車レーンを造った事例がそれなりにあるが、「自転車通行環境整備のモデル地区98箇所」や国際橋と同様、自動車の邪魔にならないところに造った、というにおいがする。「98箇所」の中でも神奈川県警管内の新川崎の事例は酷い代物で、恐らく史上最悪の自転車レーンといえる

神奈川県警には、自転車通行空間関連施策ばかりでなく、警邏用自転車の実態にも問題点がある。警視庁管内では、特に2011年に警察庁交通局長通達「良好な自転車交通秩序の実現に向けた街頭活動等の推進について」が出たのと前後して、車道通行する警邏用自転車を見掛けることが増えた。神奈川県警管内のものはいつも歩道を通り、ただの1例も見たことがなく、目撃証言を募集したいレベルだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.meme-meme.jp/mt-tb.cgi/18

コメントする

このブログ記事について

このページは、Meme-Memeが2013年3月10日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013年「道路交通法改正試案」に対する意見」です。

次のブログ記事は「歩道の自転車マーク——標識標示令を改正したい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

ウェブページ