歩道の自転車マーク——標識標示令を改正したい

| コメント(0) | トラックバック(0)

自転車の歩道通行は段階的に廃止し、最終的には小学校低学年程度の児童の乗る自転車(運転者の年齢でなく自転車の車輪の径などを基準にする)に限るべきだと私は考えている。実現するまでの間、歩道上の「普通自転車通行指定部分」を示す道路標示「普通自転車の歩道通行部分(114の2)」を現行の下図左のような形式から下図右のように改めたい。自転車が通る部分でなく、通れない部分を「自転車通行禁止」の記号で示し、歩道の建物側(縁石線の反対側)を自転車が通ることは違反行為であることを明示するのだ。併せて道路標示「普通自転車歩道通行可(114の2)」(写真)は廃止する。それには「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(標識標示令)」の改正が必要になる。

jitenshatsukobubungen.pngjitenshatsukositeibubun.png

調布市の自転車利用共通ルール(案)に対するパブリック・コメント実施結果(PDF)によると、警視庁は「車道左側端に自転車マークを標示すると、道路交通法上、車道左側端を走行する義務のない自転車(13歳以下の児童など)まで車道左側端に誘導してしまう」と考えているらしい(警視庁が設置を進める法定外表示「自転車ナビマーク」が標識標示令に見られる左向きの自転車を示す記号からかけ離れ、分かりにくいイラストになっているのは、こういった問題意識によるものだろう)。であるならば、歩道に自転車の記号をペイントすることは、自転車を歩道に誘導してしまう効果が考えられる。道路標示「普通自転車歩道通行可(114の2)」に至っては、歩道を道路交通法にいう自転車道と誤認させるおそれすらある。

jihoka.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.meme-meme.jp/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、Meme-Memeが2013年3月10日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みなとみらい大通りに「普通自転車の歩道通行部分」」です。

次のブログ記事は「「見た目」と「データの一貫性」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

ウェブページ